口コミが良い市販の白髪染めの比較と選び方のコツ

市販の白髪染めで髪の毛を明るく染めることはできる?

投稿日:

明るい白髪染めで染めるコツ

好みの髪色にしたいけれど白髪が目立つ場合は、通常のヘアカラーではなく白髪染めを使用する人も多いですよね。
ですが、白髪染めでは明るいカラーが希望通りの色に仕上がらずイメージしていた髪色にならなかったということも。

そこで、市販の白髪染めで髪の毛を明るく染めることができるのか、きれいに染めるための方法を検証しました。
白髪があるけれど、好みの髪色に染めたいという人はぜひ参考にしてくださいね。

市販の明るい白髪染めは染まらない?

明るいトーンの白髪染めは、きれいにカラーが入りにくいことが多いです。

具体的には、ピンク系やアッシュ系などオシャレな髪色にしたい場合に、染め上がった髪の毛を見るとほとんどカラーが入っておらず、白髪のままということも。

この理由として、白髪にはメラニン色素がないことがあげられます。

黒髪を染める場合は、黒髪のメラニン色素を脱色することが重要視されますが、白髪の場合は髪の毛に色素をいれることがポイントになります。
そのため、明るい色では色素が入りにくく白髪ではどうしても染まりにくくなってしまうのです。

また、明るい色は一度染まった白髪も色落ちしやすいです。

逆にブラウンや黒などの濃い色は、白髪にはなじみやすいという特徴があります。

白髪染めで暗く染まった髪も明るくできる?

白髪染めで一度暗く染めた髪の毛を明るく戻すのは難しいです。

そもそも、白髪染めでなくても黒染めした髪の毛を明るく染め直すのは難しいと言われています。

若白髪女子
美容院でも黒染めしてるかは必ず聞かれますよね

白髪染めは白髪染めの色を白髪にコーティングしている状態。
これを明るい色に変えるにはまずはこのコーティングをはがさなければいけません。
そのためには、ブリーチするか、脱染剤という特殊な薬剤を使用する必要があります。

美容室で頼む場合でも一度ではきれいに明るくすることは困難です。

自分でする場合には、白髪染めのコーティングが完全に落ちるまで待つ必要があるでしょう。
髪の毛への負担もあるため、白髪を明るく染める可能性がある場合は、暗い色を選ぶ場合は慎重に考えるようにしましょう。

若白髪女子
迷ったら明るめの色で染めましょう。明るい色を暗くするのはまだ自分でなんとかなります。

家で明るく白髪染めする方法

市販の白髪染めで髪の毛を明るく染めるポイントは、できるだけ明るいトーンの白髪染めを使うことです。

関連市販の白髪染めで明るい色にしたいならコレ!おすすめ人気商品3選

ただし、明るいトーンの白髪染めのみを使用すると、白髪にはカラーが入りにくく思った髪色にならないことも。

白髪は普通の髪の毛よりも太いことが多く、染まりにくいという面があります。
そのため、白髪染めを塗布した後にラップを蒔いたり、放置時間を長めにとるなどの工夫によって、カラーが入りやすくなります。

どうしても染まり切らなかった白髪は白髪染めトリートメントでカバーするとキレイに仕上がります。

少し手間はかかりますがヘアカラー(おしゃれ染め)と白髪染めを併用するのもおすすめ。一般のヘアカラーの方が、白髪染めよりもバリエーションがあり選ぶのも楽しいですよね。

関連白髪染めとヘアカラーを併用することはできる?注意点は?

ヘアカラーで明るくして、白髪染めで白髪を染めることで、白髪にしっかりとカラーが入りつつも明るいカラーにすることができます。

 

↓衝撃!全部使って分かった驚きのランキング↓

-口コミが良い市販の白髪染めの比較と選び方のコツ

Copyright© 若白髪女子の白髪染めトリートメントランキング。おすすめの白髪染めを口コミ , 2018 All Rights Reserved.