白髪染めトリートメントの3つのメリットと2つのデメリット

投稿日:

白髪染めトリートメントのメリットとデメリット

白髪を染めていて、髪や頭皮の痛みを感じた経験がありませんか?
美容室へ行って、髪を染めるのが面倒になってしまった人もいるかもしれません。

そんな人におすすめしたいのが白髪染めトリートメント

白髪染めトリートメントはトリートメントタイプの白髪染め。
自分で簡単に染められて染料もダメージが少ないため、最近人気が出ています。

美容院や市販のヘアカラータイプの白髪染めとはちょっと違った特徴があります。

今回は美容師さんに自宅で気軽に使える「白髪染めトリートメント」(カラートリートメント)のメリットとデメリットを説明してもらいました。

美容師さん
正直にお話しします

白髪染めトリートメントのメリット3つ

白髪染めトリートメントにはメリットがいくつかありますので、まず最初にご紹介します

メリット01:肌や髪にやさしくダメージがすくないので安心

白髪

白髪染めトリートメントとしてよく目にするメリットは痛みが少ないのに染められるところです。

白髪染めトリートメントは手で髪に塗布できます。
(よくあるヘアカラータイプの白髪染めは手で直接触らないですよね…)

美容師さん
美容院でも白髪染めはハケなどを使って、髪の塗布していくのが普通です。

手で触れるほど白髪染めトリートメントは肌にやさしく作られています。
軽い白髪染めのアレルギーの人でも、とくにストレスなく使えるほど。

肌の弱い人にも使えるヘアカラー剤が、白髪染めトリートメントになります。

髪が染まる分手にも少し色素が付いてしまいますが、気軽に使えるところもいいですね。
(洗えば落ちます)

トリートメントでもあるため、髪の傷みを少しずつ修復できるところも魅力のひとつ。髪のパサつきを抑えたい人にもちょうどいいでしょう。

メリット02:根元だけ白くならないから自然

髪がきれいになるだけでなく、全体に染められるところもいいですね。

一般的な白髪染めをしてもらうと、しっかり色が入ってしまうため、生えてきた白髪がしっかり目立ってしまいます

ところが白髪染めトリートメントは、表面に染料が付いて染め上げる上にスピードがゆっくりのため、根元が白くなりません

美容師さん
全体に染められるというメリットもあるため、俗にいうプリンになりません。

メリット03:自分のペースでストレスなく染められる

自宅で気軽に染められる白髪染めトリートメントは、自分でササッと染められるように作られています

美容室へ白髪染めに通っていた人なら、わざわざ時間を作ってまで、髪を染める手間がかかっていましたよね?
自分で染めていた場合もハケなどの道具がうまく使えないとイライラしていても、そのストレスから解放されます。

若白髪女子
不器用でも失敗が少ないですし、塗りにくい後頭部や内側も塗りやすいです。

さらに自分の好きなタイミングで染められるため、スケジュールの管理もしやすいでしょう。

染めるといっても手で染めるだけですから、その時間も少なくて済むため、気軽に白髪を染められるメリットは大きいですね。

白髪染めトリートメントのデメリット2つ

メリットを紹介しましたが、この特徴を裏返してしまえば、白髪染めトリートメントのデメリットが見えてきます。

白髪染めトリートメントと相性が良くない人は、このデメリットが気になって、美容室へ逆戻りした人も少なくありません

どのようなところが気になってしまったのか、少し内容を見てみることにしましょう。

デメリット01:白髪を染めるパワーが少ないので商品選びは大切

 

まず白髪染めトリートメントの大きな欠点は、なんといっても白髪を染めるパワーが少ないところでしょう。

上記で何度も言っているように、手で染められるほど、ダメージに気を遣って作られているヘアケア剤です。

ところが美容室の白髪染めなら一発で白髪が染まるパワーがあるのに対して、白髪染めトリートメントなら、最初の1週間は毎日使わないと発色しない商品も。商品によっては30日使っても、きれいに染まらなかったというものも…。

また色持ちも2日~3日に1回使わないと、白髪が目立ってしまうことも。

これも白髪染めトリートメントの特徴である、表面だけを染めているのが原因。

白髪染めトリートメントで染める仕組み

ヘアカラータイプの白髪染めだとキューティクルの内部まで染料を入れ込むので白髪染めトリートメントに比べると格段に色持ちします。
(ダメージは大きいですが…)

若白髪女子
染まる日数と色持ちは商品で全然違います
1日でかなり染まるものもあるし、色持ちが良い商品もあります。

ただ、ヘアカラータイプの白髪染めに比べるとダメージも少ない分染めるパワーは少ないです

白髪染めトリートメントは使ってみると結構違うので、商品選びで失敗すると「染まらないじゃん」となります。

 

デメリット02:色を自由に変えられない

白髪染めトリートメントは、白髪を染めるためのトリートメント。
白髪を染めることはできますが、髪色は明るくできません

白から黒に染めるのですから当たり前かもしれませんが、女性なら使っていると髪を明るくしたい気分になる人も、少なからずいるはずですよね?

ところが白髪染めトリートメントだけでは髪色は明るくできません。

髪色を明るくしたい場合はヘアカラータイプの白髪染めを使いましょう。
髪の色を変えないと思っている人なら、とくに気にならないデメリットでしょうが、予め知って使ったほうがいいですよ。

まとめ

いかがでしたか?美容室での白髪染めや、市販のヘアカラータイプの白髪染めと結構違うので、普通の白髪染めと同じと思って使うと「あれ?」となるかもしれませんね。

でも、染めやすいのと髪や地肌に優しいので、白髪染めトリートメントは使い続けやすいです。
美容院に通っているという人も、美容院のつなぎに使うのもおすすめです。

メリットとデメリットを踏まえたうえで自分に合った白髪染めを使い分けてくださいね。

↓衝撃!全部使って分かった驚きのランキング↓
若白髪女子おすすめの白髪染めトリートメントランキング。実際に染めて比較しました!

-口コミが良い市販の白髪染めの比較と選び方のコツ

Copyright© 若白髪女子 , 2019 All Rights Reserved.