口コミが良い市販の白髪染めの比較と選び方のコツ

白髪染めトリートメント、赤みを抑えたい人の色選びのポイント

更新日:

白髪染めトリートメントの赤み
若白髪女子
今回は赤味を抑えたい人が失敗しないための白髪用ヘアカラートリートメントの色選びのポイントを紹介しています。

シャンプーの後に、リンスやコンディショナーの感覚で使える「白髪染めトリートメント」。

同じブラウンやダークブラウンでも商品によって微妙に色が違うので、色選びって意外と難しいですよね。

  • 白髪染めトリートメントって赤みのある色しかないんじゃない?
  • トリートメントした直後はいいけど、時間がたつと赤みが気になる

という人、白髪染めトリートメントの色選び、間違ってるかも。

赤みを抑えるにはアッシュ系やマット系ですが、自分の髪色によってもベストな色は変わってきます。

染めた写真を載せながら、色選びのポイントやおすすめの商品紹介もしています。

白髪染めトリートメントで髪色が赤くなる?ブラウンは赤み入ります。

白髪染めトリートメントのブラウン系の色は全体的に赤みのある色が多いです。

若白髪女子
というより茶色って赤と緑でできてるので、ブラウン系で赤みが全くなくすのは無理です

なので、赤味を抑えて染めたい人は「赤みが少ないブラウン」か、「ブラック」で染める選択肢になります。

とはいっても同じ色の名前でも商品によって赤みの具合は全然違います。

今回はダークブラウンの写真で比較します。

例えばマイナチュレヘアカラートリートメントのダークブラウンはこれ。

マイナチュレダークブラウンの色と染まり具合

若白髪女子
マイナチュレは染めた時も赤みがほとんどないのですが、色落ちしても赤っぽくならない珍しい白髪染めです

ラサーナのダークブラウンはこれ。

ラサーナの方が赤みが強いのわかるでしょうか?

なので、赤味を抑えたブラウン系が良い人は、ブラウン系のなかでも赤みの少ない色を選ぶのがポイントです。

赤くなりがちな人が白髪染めトリートメントを選ぶポイント

赤くならない白髪染めトリートメント選びは色味の確認が大切。

赤味の少ない色、具体的にはアッシュ系、マット系のブラウンなど、寒色の白髪染めトリートメントを選ぶと赤みを防ぐことができます

ただ、アッシュ系やマット系の色味はもともと色落ちしやすい性質があるので、こまめに赤みを消すのが大切。

アッシュ系でなくても、色落ちした時に赤くならない白髪染めトリートメントもあるので、色落ちした時の赤みがきになるなら、そちらを選んでも。

暖色系の方が一般的に長持ちするので、赤みをいかしたカラーに挑戦するのもおすすめです。

赤くならない白髪染めトリートメントは白髪染め後の赤み消しにも有効!

白髪染めで染めると、染めた直後は黒髪なのに、時間がたつと赤っぽくなっ色が抜けてしまう(退色してしまう)ことがあります。

褪色は染料が落ちることによっておこるので、ヘアカラータイプの白髪染めでも白髪染めトリートメントでも起こることがあります。

この赤み消しにも赤くならない白髪染めトリートメントが使えます。

赤みが気になる人におすすめの白髪染めトリートメント

ブラック系でもいい人におすすめなのは「POLAグローイングショットカラートリートメント」のアッシュ系のブラック。
ニュアンスのあるアッシュ系なので、グレーが基盤にあり赤みを打ち消すことができます。

ブラウン系でおすすめなのが「マイナチュレカラートリートメント」。

マイナチュレダークブラウンの色と染まり具合

ダークブラウンとブラウンの2色あります。
染まりやすく、ダークブラウンの方は色落ちしても赤くならないと評判が高いです。

↓衝撃!全部使って分かった驚きのランキング↓

-口コミが良い市販の白髪染めの比較と選び方のコツ

Copyright© 若白髪女子の白髪染めトリートメントランキング。おすすめの白髪染めを口コミ , 2018 All Rights Reserved.