効果的に染める!カラートリートメントを2倍持たせる使い方

白髪染め後の髪の赤みの原因とは?赤みを消すオススメの方法は?

更新日:

白髪染めの赤みの原因と対処法

白髪染めをしてしばらく経つと、髪の赤みが出てきてしまって気になることがありますよね。
グレーやマット、ブラウンアッシュのヘアカラーは大人女性に人気ですが、時間がたつと褪色して赤みが目立ちやすいです。

若白髪女子
アッシュ系は外国人風のカラーリングでトレンドですよね

でも、白髪染めの赤みを消す方法も、染めた色をキレイに保つためのコツもあるんです。

今回は、白髪染め後の赤みが気になる人のための

  • 白髪染め後の赤みの原因
  • 希望の色にするための失敗しない市販の白髪染めの選び方
  • 美容師さんに頼まなくても自宅でできる赤みの消し方
  • 染めた色の褪色を防ぐ方法

について紹介しちゃいます。

白髪染め後の赤みの原因は2つある

「白髪染めしたときは赤みがなかったのに時間がたつと赤みが気になってきた。」

そんな白髪染め後の赤みには2つの原因があります。

1つは元の髪色によるもの
元の髪色の赤みが強い人は、白髪染めをした時に赤みが出やすくなります。

もう1つは、カラー剤によるもの
全てのカラー剤は赤・黄・青の3色から出来ており、赤みの強いブラウン系で染めてしまうと赤みが出やすくなります。

美容師さんも、お客様の希望の色にしてくれるのですが、髪色やカラー剤の影響でどうしても時間がたつと褪色してきてしまいます。

また、白髪染めのあと、赤みが出てくるのは日本人の髪質も影響しています。

日本人は黒髪。なので、白髪染めするときには、アルカリ成分で髪の毛の黒い色素を抜いて、かわりに染料を入れます。
黒髪の色素は、メラニン色素というもので、赤い色が含まれていて、色素を抜くときに赤い色素だけが残ってしまうことが。

メラニン色素が多い人ほど、色素が抜けきらず、赤い色味が残ってしまうのです。

市販の白髪染めで赤く変色しない色は?

赤みは美容院に行ったときだけじゃなく、市販の白髪染めで染めた場合にもでてきます。

赤みがないカラーが良い場合は、「アッシュ系・マット系」の白髪染めを選ぶのがおすすめ。

また、ブラックよりもブラウンを選ぶ方が、赤みが抑えられます。
白髪染めやヘアカラーの2剤にはキューティクルを剥がして、メラニン色素を抜く作用がありますが、この薬剤の濃度が高い方が赤みが出やすくなるので、ブラックよりブラウンを選ぶ方がよいのです。

赤みは消せる!自宅で解決する方法2つ

赤みの少ないカラーで染めても、どうしてもでてきてしまう赤み。(個人差はありますが…)
美容室へ頻繁に通って何度も白髪染めをし直し、目立たないようにしている人もいますよね。

でも、自宅でも赤みを解決する方法はあります

なかでも自宅で実践しやすい2つの方法をご紹介します。

カラーシャンプーは赤み消しにも有効

カラーシャンプーが赤み消しに有効。

カラーシャンプーは本来染めた髪の色持ちを良くしてくれる商品です。
でも色素の配合されているシャンプーなので抜けた色を補ってくれる役割もあります。

若白髪女子
例えば、紫シャンプーならば紫の色素が配合されています。

カラーシャンプーには紫や緑、青やシルバーなど、他にも様々な色のものがあります。

アッシュ系に染めたのに退色して赤みが出てきた場合、シルバーやグレーのカラーシャンプーを使うのがおすすめ

ただし、カラーシャンプーは伸びてきた白髪は染められないので注意。

カラートリートメントなら赤み消しと一緒に伸びてきた白髪ケアも

赤み消しも気になるけど伸びてきた生え際白髪も一緒にケアできたらな~という悩みを解決してくれる商品、

それがカラートリートメントです。

カラートリートメントは白髪染めトリートメントと言われている商品
名前の通りお風呂後にトリートメントみたいに使える白髪染め。
ドラッグストアでよく見かけるシエロやビゲンなどの白髪染めに比べると髪を傷めにくいのが特徴です。

若白髪女子
髪へのダメージを気にせずに使えるので赤みが気になった時にすぐ使える。
あと、伸びてきた白髪もついでにケアできるのが魅力。

こんな感じにチューブ型で好きな量だけ使える白髪染め。
近所のお店にはないので通販で買いましたが、3000円で何か月も持つのでコスパは悪くないです。

赤み消しにおすすめなのはプリオールのブラック

checkプリオールのカラーコンディショナーを使った体験レビュー【資生堂】

こちらがレビュー記事。髪を染めた写真も載せてます。

カラートリートメントの選び方。アッシュ系やマット系のカラーがおすすめ

カラートリートメント(白髪染めトリートメント)で赤み消ししたい場合、色選びが大切

カラートリートメントもヘアカラー剤と同様に、赤・黄・青の3色から出来ています。

赤み消ししたい人にオススメのカラーは寒色系カラーに分類されるアッシュ系やマット系です。

アッシュ系とは青色ベース、マット系とは緑色ベースのカラー。
元々、日本人の髪色は赤みの強い人が多いため、その赤みを消してくれるアッシュ系やマット系は人気の色です。

アッシュだとこんな感じの透明感のある色。

 

View this post on Instagram

 

sʜɪᴏʀɪ ᴏʏᴀᴍᴀᴅᴀ❤︎大阪 梅田さん(@oyashiopi)がシェアした投稿 -


赤みの気になる髪をアッシュ系で染めると、赤みを抑えるのとともに黄色みも抑えてくれるので、髪が明るくなりすぎず落ち着きのある印象になります。
アッシュ系の白髪染めトリートメントはプリオールPOLAグローイングショットがおすすめ。

マット系の緑色は、赤とは反対の色である補色関係になるので、アッシュ系よりも更に赤みを抑えて落ち着いた印象を与えてくれます。

このように、アッシュ系とマット系は赤みを抑えつつ、大人の落ち着き感も出せるオススメのカラーです。

オススメ記事白髪をアッシュに染めたい人におすすめのカラートリートメントランキング

↑実際に染めてみた写真を載せてみてます。

アッシュ系のカラートリートメントの中にはアッシュブラウンも紹介していますが、ブラウン系のものは基本的に赤色を多く含んでいるため、ここでブラウン系を選んでしまうと髪に赤みが足されてしまう事になります。

トリートメント直後には赤みが気にならなくなっても、結局のところ赤みは復活してしまいます。
赤み消しとして使う場合はアッシュやマット、グレー系の「ブラック」をえらんでみてください

若白髪女子
ブラックとはいっても、ここで紹介している白髪染めトリートメントは真っ黒にはならないので安心してください

白髪染め後の赤みはアフターケアが大切

いかがでしたか?

いくら赤みの少ない髪色に染めても、赤みがでてきてしまう人はいます。

こまめに美容院に通ったり、白髪染めで染めるのもいいですが、オススメなのはカラートリートメントやカラーシャンプーで赤み消ししてあげること。
経済的で、髪にもやさしいです。

赤みが出てきてからでも家で簡単にケアできるので一度試してみてくださいね。

↓衝撃!全部使って分かった驚きのランキング↓

-効果的に染める!カラートリートメントを2倍持たせる使い方

Copyright© 若白髪女子の白髪染めトリートメントランキング。おすすめの白髪染めを口コミ , 2018 All Rights Reserved.