効果的に染める!カラートリートメントを2倍持たせる使い方

白髪染めのダメージ軽減にはリタッチがおすすめ!適正頻度と長持ちさせる方法は

投稿日:

白髪染めのダメージ軽減にはリタッチ
若白髪女子
毎回全体染めしてませんか?髪の毛、傷みますよ

せっかく時間と手間をかけて行った白髪染め。でも気がつくとまた、白髪がちらほら。

白髪染めを行う際に気になるポイントの一つが髪の毛や頭皮へのダメージです。
とくにお肌の弱い方だと白髪染めを行う際のヘアカラーの液剤によって引き起こされる独特のかゆみ。
これが嫌で白髪染めを敬遠しているという方も少なくありません。

そんな髪へのダメージが気になる場合にオススメなのがリタッチを活用すること。

今回はリタッチの適正期間と、白髪染めを行ったあとのきれいな髪を長く持続させる方法についてご紹介します。

白髪染めのダメージ軽減にはリタッチが有効

白髪染めのダメージ軽減にはリタッチが有効です。

白髪染めには、髪の毛全体を染める方法と、リタッチという方法があり、なかでもリタッチは、伸びてきた部分(や目立つ部分)のみを染めます。

リタッチは気になるポイントや、期間経過で生えてきた根本の白髪のみを染めることができるため、白髪染めの成分をぬるのは部分的。
また、液剤の使用量も全体染めに対し少量なので、もう染まっている髪の毛を更に傷つけることもなく、頭皮へのダメージも抑えることができます

そのため、お肌が敏感な人ほど、長い期間に1度の頻度で髪の毛全体を一気に染めるのではなく、短いスパンでリタッチを複数回行うことがおすすめ。

また、髪の毛全体に行う白髪染めに対し、費用も時間も手間も削減することができます。

若白髪女子
美容院だとそんなに値段も変わらないんですが、髪へのダメージを考えるとリタッチを選んだ方がよさそう

リタッチの頻度は2ヶ月以内

白髪染めのダメージを軽減するにはリタッチがおすすめというはなしですが、実際リタッチの頻度はどれくらいがいいのでしょうか。

人によって髪の生え変わる期間は違うので一概には言えませんが、リタッチのおすすめは2ヶ月以内に1度

その理由は2つ。

  • 髪の伸びる期間
  • 頭皮の生まれ変わりの期間

1つ目の髪の伸びる頻度は、人の髪は1ヶ月に1センチ~1.5センチ程伸びます。
つまり、個人差はあれど2ヶ月で2センチ~3センチ物髪の毛が伸びるので、ちょうど白髪が目立ち始める時期に差し掛かる、というのが1つ目の理由です。

もう一つの頭皮の生まれ変わりに関してですが、頭皮は1ヶ月でターンオーバーと呼ばれる皮膚の生まれ変わりが行われます。
前回の白髪染めで傷んだ頭皮も、2ヶ月あればターンオーバーを繰り返して、健康な頭皮に生まれ変わります
なので2ヶ月に1度のリタッチをおすすめしています。

白髪染めを長持ちさせる方法

最後に白髪染めを長持ちさせる方法をご紹介します。

白髪染めを長持ちさせるには髪の手入れが大切です。
少しでも染めた髪を長持ちさせるためには髪の手入れが1番効果があります。

というのも、髪が傷んでいると色落ちが早くなるためです。

メモ

白髪染めは、髪の表面を守るキューティクルと呼ばれる蓋の役割を果たしている物資を1剤で開かせ、2剤の染料を髪の内部に流し込むことで髪の色を染めています。そのため、キューティクルが開き続けると、そこから髪のタンパク質や水分、染料も流れ出てしまうので、髪にもダメージがありますし、色落ちも早くなってしまいます。

髪の手入れと言っても難しいことはなく、

  • トリートメントをきちんと行う
  • 髪が濡れたまま寝ない

といったごく当たり前のことをきちんと行えば染料の流出を抑えることができ、髪色を長持ちさせられます。

また、白髪染めトリートメントを活用しても、リタッチの間隔をあけることができます。

↓衝撃!全部使って分かった驚きのランキング↓

-効果的に染める!カラートリートメントを2倍持たせる使い方

Copyright© 若白髪女子の白髪染めトリートメントランキング。おすすめの白髪染めを口コミ , 2018 All Rights Reserved.