口コミが良い市販の白髪染めトリートメントと選び方のコツ

雑誌で評判。花王の白髪染め「リライズ」の口コミや成分を調べてみた

更新日:

雑誌でも紹介されていた花王の白髪染め「白髪用サーバーリライズ 」。

若白髪女子
アットコスメでも使ってる人が多い注目の白髪染めです

「口コミはいいの?」「アレルギー成分は入っていないの?」「仕上がりは?」と気になったので、若白髪女子が口コミや成分、価格などを調べました!

長谷川蘇童さん(@hizdolls_258)がシェアした投稿 -

雑誌で評判。花王の白髪染め「リライズ」が気になる!

花王が発売している白髪染めリライズ(Rerise)。正式には「花王の白髪用髪色サーバーRerise」らしいです。
雑誌やCMでもよく見るので気になっていました。

リライズは普通の白髪染めとは違うようで、花王も白髪染めではなく、白髪ケア商品として販売しています。
ちょっとよくわからなかったので公式サイトを調べてみるとリライズの特徴が書いてありました。

Reriseの特長は「黒髪メラニンのもと*1」だけで染めるということ。植物から成分を抽出し、麹の発酵技術を応用した製法でつくられた着色成分です。

引用:リライズ|花王

読んでもよくわかりませんでした。「黒髪メラニンのもとで染める」って聞いたことがありません。

髪を傷めずにケアできるというのがリライズのポイントのようです。

リライズの全成分。ジアミン系の染料は配合なし

リライズの成分についても調べてみました。

リライズ全成分

水、エタノール、エタノールアミン、ベヘニルアルコール、ステアリルアルコール、PG、ミネラルオイル、セテス-40、ステアルトリモニウムクロリド、オレイルアルコール、ジメチコン、アスコルビン酸、亜硫酸Na、セテス-2、アモジメチコン、リン酸、香料、ジヒドロキシインドール、セテアレス-7、セテアレス-25、乳酸

このジヒドロキシインドールというのが、メラニンの着色成分。
白髪を染める成分で入っているのはこれだけです。

花王も公式サイトに書いていますが、リライズにはジアミン系の染料は含まれてません。
(ジアミンは白髪染めによく入っている染料で、肌荒れを起こす人が多い成分)

髪もあまり傷めないとかいてあるし、お肌が弱い人も使いやすそう。

Reriseリライズ白髪用髪色サーバーの色はブラックとグレー

LOHACO(ロハコ)さん(@lohaco.jp)がシェアした投稿 -

リライズのカラーバリエーションは2通り。

  • リ・ブラック
  • グレーアレンジ

黒とグレーのみなんですね。真っ黒になったら嫌だな・・・。
このカラーバリエーションは残念。ブラウン系の色がほしいです。

こちらもおすすめ

ブラックの染まり具合がどんな感じなのか調査した記事です

白髪染めリライズ、ブラックの評価は?本当に染まるのか口コミをチェック

口コミを見る限り、色落ちしても茶色系にはなりません。

グレーはあまりない色なので、グレイヘアにしたい人にはいいかも。

花王「リライズ」の使い方は普通の白髪染めトリートメントと一緒

リライズの使い方はこんな感じ。

  1. シャンプー後、水気をよく切る
  2. 手袋をつけてリライズを手に取る
  3. 白髪の根元部分からつける(数回付けてなじませる)
  4. しっかり洗い流す
  5. タオルドライした後しっかり乾かす

普通の白髪染めトリートメントと使い方は大体一緒ですね。

発売元の花王が使い方の動画をのせてくれています。(2分くらいの動画です)

洗い流したらシャンプーはしません。トリートメントはOK。

部分染めだったら乾いた髪につけても良いみたいです。

頻度は一日一回、自分の好みの色になるまで続けて、染まったら週に1回。
染まるまで3日くらいかかるというのがちょっと面倒そうです

花王リライズ の評判は?口コミを調べてみた

リライズの良い口コミ

容器が変わった形をしていますが、使いやすいです。洗い流すときも他のカラートリートメントよりすすぎやすい感じ。手でぬれるみたいですが、ハケとブラシでするときれいにぬれました。

仕組みはよくわからないけど、落ちかけても茶髪にならないのが嬉しい。

2本目の購入です。白髪染めはいろいろ試してきましたが、リライズ は今のところ一番いい感じ。敏感肌ですが、肌荒れしてないところが気に入っています。夫婦で使ってます。

1日目は本当に染まってる?と心配になるくらい変化がありませんでしたが、3日目でほぼ真っ黒になりました。もともと黒髪だったので、自然な黒色が気に入っています。今後はおすすめ通り、週1回使用していきます。

思ったより染まりました、髪質も柔らかくなった気がします。

シャンプー前の乾いた髪に使って長めに置くと長持ちします。ブラウン系の色味も増えてくれたらいいのにと思います。

ふんわりとまとまりの2種類あるので迷ったのですが、ショートヘアはふんわり、ロングヘアの人はまとまりがおすすめっぽいです。他のカラートリートメントに比べて、浴室の床が汚れにくいのは嬉しい。

まとめ

  • 容器が使いやすい
  • 敏感肌でも肌荒れしない
  • 浴室が汚れにくい

使いやすさと肌へのやさしさが評価されているようです。

ただ、汚れが取れにくいという口コミも結構あるのは気になります。

リライズの悪い口コミ

コスパ悪すぎます。いいかなと思うくらい染まるまで4回かかりました。ショートカットで部分的にぬったのですがそれでも4回でなくなってしまいました。ちょっと高いかな。

花王さんの商品ということで期待して買いました。ただ、私はしばらく使ったものの、ほとんど色が変わらず。染まりにくい人には向いていないのかも。

全体的に使いやすい商品ではあるので、残念。

 

髪が痛まないのはすごいと思ったのですが、かなり染まりにくいです。値段も高いしリピはないかな。

 

翌日までは残らないですが、使った時のにおいがちょっと気になります。結構黒く染まるので、明るい髪色にしていた人は注意。

若い頃から白髪があって、長年染めています。

家で白髪染めするのって結構むずかしくて、うっかり白髪染めで浴室を汚したことがなんどもあって面倒に感じていました。

リライズ は5分で染まると書かれていて、簡単そうだと感じてお試し。3日続ければ染まると書かれていたのに、3日経っても全然染まってません。においもちょっと残って微妙。高かったので残念です。

まとめ

  • すぐ染まらない
  • においが気になる
  • 値段が高い

3日で染まらないこともあるみたいです。

白髪染めだと1,000円あれば買えます。
比べるとリライズはちょっと高いので、コスパが悪いのがネックだと感じている人もいました。

リライズはじっくり黒髪に仕上げたい人におすすめ

お肌に優しいのはいいけど、染まりにくいのとブラックしかないのが気になります。

時間をかければ染まるみたいなので、じっくり黒髪に染めたい人は使ってみてもいいかも。

花王リライズの値段は2,799円。ドラッグストアにも売っています。
市販の白髪染めが1,000円以下で買えることを考えるとちょっとお高め。

お肌への優しさや染まり具合、値段など、リライズは白髪染めトリートメントと結構似ています。でも、白髪染めトリートメントの中にはもっと早く染まる商品もあります。

若白髪女子
染まり具合を考えると、この値段なら早く染まるタイプの白髪染めトリートメント使うかな。(ブラックしかないし)

例えば、ルプルプなら1日でかなり染まるし、カラーバリエーションもブラウン系が豊富なのでおすすめ。

通販ならAmazon、楽天、ヤフーショッピングでもありました。
この3つなら、値段は全て定価で同じでしたが、楽天が送料無料なのでちょっと安いです。

↓衝撃!全部使って分かった驚きのランキング↓

-口コミが良い市販の白髪染めトリートメントと選び方のコツ

Copyright© 若白髪女子の白髪染めトリートメントランキング。20代女性がお試し , 2018 All Rights Reserved.